時間がないのに気が散ってしまう!集中したいけど集中出来ない時に試してほしい5つの対処法

仕事やレポートの締め切りが間近、テスト目前…作業や勉強に集中しなければならないにもかかわらず、そんな時ほど集中できなくて困った経験、誰でも一度はあるのではないでしょうか。

出典: We Heart It

今回はそんなお悩みを抱えている方に、集中したいけど集中出来ない時に試してほしい5つの対処法を紹介します。

体を動かす

同じ姿勢で長時間、同じ作業をしていると誰しも集中力は下がってきてしまうものです。これは単に気力だけの問題ではありません。

長時間同じ体勢でいると筋肉なども凝ってきて、血流なども悪くなります。そのため脳に血液や酸素がうまく循環されず、思考や集中力の低下を招くのです。可能であればリフレッシュを兼ねて外へ出てみたり、オフィスなどでそれが難しくても軽く体を動かしてみたりしましょう。

作業をする場所を変える

出典: We Heart It

同じ場所で作業をしていると、思考も滞りなかなか集中できない状態になっていきます。なので可能であれば外へ出て、短いい時間でも良いので作業をする場所を変えてみると良いかもしれません。

移動の時間が前述した身体を動かすということにも関係してきますし、作業場所を変えるだけで意外とリフレッシュにもなりますよ。

ヒーリングミュージックを聴く

集中力は自分の周りに雑音が多かったりすると、どうしても途切れがちになるものです。また逆に静かすぎて落ち着かない、という人もいるでしょう。

かといってあまり派手な音楽を流すと、それもそれで集中できませんよね。なのでおすすめなのは、集中力を高める効果のあるヒーリングミュージックをかけることです。脳波などに作用し集中力を高めてくれるという謳い文句のヒーリングミュージックは、実は数多く存在しています。Youtubeなどには無料で公開されているものもあるので、そういった物を試してみてはいかがでしょうか。

身の回りを整理する

出典: We Heart It

テスト前になぜか部屋の片づけをしたくなる…という言葉がありますが、あれはなにも悪いことではありません。周囲が雑然とした状態であると、集中力も続かないからです。

あまりのめり込みすぎるのも良くありませんが、身の回りを整理することで気分をリフレッシュすることもできます。

タイマーを使う

いつも集中できずダラダラ作業をしがちで、気が付けば時間が経っているというタイプの人は、タイマーなどで作業にメリハリをつけると良いでしょう。

この時間までに作業を終わらせる、という明確な指針があると、人は思いのほかサクサクと集中して作業を行えるものです。タイマーではなく、夜に友達と会う予定を入れるなどして必ず作業を終わらせなければいけない状況を作り出すというのも、一つの手かもしれません。

まとめ

出典: We Heart It

集中したいけど集中出来ない時に試してほしい5つの対処法を紹介してきました。集中しなければならないのにできないという状況は、なかなか本人にとっても辛いものです。

あまり根を詰めすぎずに、上手に息抜きなども入れながら効率よく作業をこなしていきましょう。

スポンサーリンク