冷え性を改善して痩せやすいカラダに!酢しょうがで体の芯から温まろう♪

身体のを芯から温める生姜は冷えに悩む女性にとっては強い味方。冬はもちろんですが、夏でも冷たいドリンクやクーラーで身体を冷やしてしまいがちです。

冷えは体の血行を悪くして、女性の体に様々な悪影響を与えてしまうので、暑い季節でも生姜は積極的に取り入れたいところ。

中でもこれからの季節にオススメなのが「酢しょうが」という生姜を酢に漬け込んだものです!この組み合わせは女性の冷え性改善に効果があるだけでなく、夏バテ改善にも効果を発揮してくれるんです。

今回はそんな酢しょうがの基本的な作り方をご紹介したいと思います!

酢しょうがはダイエットにも効果的

出典:kininaru.biz

酢生姜はダイエットや冷え解消改善効果だけでなく、女性にとってこんなに嬉しい効果がありました!

塩分を控える

酢にしょうがを1晩漬け込むと、しょうがの辛みが和らいで酢もまろやかになります。そのまま食べても十分に食べられるぐらいに美味しいですが、薬味や調味料としても大活躍。これだけで十分な味付けになるので塩分を控えることができます。

冷え性改善効果

生のしょうがにはジンゲロールという手先や足先の末梢部分に熱を届ける働きや、風邪やインフルエンザの予防効果があります。身体の芯から冷えていて体の根本から温まりたいという方には加熱をしたしょうががオススメ。

しょうがは加熱するとジンゲロールという成分からショウガオールという成分に変わり、身体の芯から温まることができます。

免疫力UP効果

お酢としょうがには殺菌作用があり、白血球を刺激することで免疫力を上げる効果が期待できます。風邪を引きやすいという人やインフルエンザが流行る時期には積極的に取り入れたいですね。

ダイエット効果

ミツカンの研究で、お酢を3ヶ月間1日大さじ1杯摂り続けた結果、内臓脂肪と皮下脂肪が減少したという研究結果が報告されています。

これはお酢の主成分であるアデノシンという成分の、血管を拡張し血流を良くする効果によるもので、血流が良くなり代謝が高まって脂肪が燃焼しやすくなったからです。

酢しょうがの作り方

①しょうがを洗って、皮つきのまま、薄くスライスして密閉容器にいれます。
②しょうががしっかり漬かるまでお酢を注ぎ入れます。
③蓋をして、冷蔵庫で2〜3日寝かせたら完成です。冷蔵保存で2~3週間は保存できます。

使用するお酢は米酢でも黒酢でも好みで選んでOK!甘めの味付けがいいという人は砂糖やハチミツを足しましょう。

1日の摂取の目安

いくら体にいいものでも食べ過ぎはNGで、適量で抑えないと身体を刺激しすぎて逆効果になる恐れもあります。1日の目安摂取量はしょうが20g、酢は大さじ2杯程度です。1日に2、3回に分けて摂取するようにしましょう。

酢しょうがで美と健康を手に入れよう

お酢としょうがはバラバラに食べても体に良いですが、合わさることで更に効果がアップするんですね。女性の身体に冷えは禁物!

酢しょうがを上手に摂り入れて、健康的で美しい体を手に入れましょう♪

スポンサーリンク